学長と外部有識者との対談