役員プロフィール

理事・副学長

画像:箱嶋 敏雄

箱嶋 敏雄はこしま としお

メッセージ

最先端の科学や技術を開拓しながら次世代の人材を育成する。そのような「理想郷」に近づくためには、何をすべきかを考え、立案し、実行しましょう。月並調ですが、自由な発想と挑戦する勇気、緻密な計画と粘り強い行動力が肝要です。必ずしもアカデミアにとって追い風ではない今こそ、切磋琢磨する者が明るい将来を描ける「大学院」にすることが、豊かな日本、ひいては世界の実現に貢献できると信じます。

専門分野

構造生物学、タンパク質化学、医薬品化学、X線結晶学、生物物理学

主な学会、社会活動等

  1. 日本分子生物学会、日本生化学会、日本結晶学会、日本蛋白質科学会、日本薬学会、日本生物物理学会等
  2. 次世代大型X線光源研究会利用SG委員(1990年~、 1993年よりSPring-8 利用者懇談会に改組)
  3. 奈良先端科学技術大学院大学準備委員会ワーキンググループ委員(1992年11月~1994年3月)
  4. 日本学術会議分子レベルの構造生物学振興小委員会委員(1995年2月~1997年)
  5. 大阪大学・蛋白質研究所専門委員会委員(2001年1月~2002年)
  6. Genes to Cells (MBSJ/John Wiley & Sons), Associate Editor (2003年10月~現在)
  7. Biophysics(BPSJ), Advisory board(2005年~2010年)
  8. 九州大学・生体防御医学研究所再任審査評価委員(2010年7月~2011年3月)
  9. 基礎生物学研究所(大学共同利用機関法人自然科学研究機構)運営会議委員・副議長(2013年4月~2017年3月)
  10. 日本科学技術振興機構
     戦略的基礎研究(CREST)代表責任者「タンパク質の動的複合体形成による機能制御の構造的基盤」
    (2001年12月~2006年3月)
     戦略的創造研究推進事業(ERATO)プロジェクト評価委員(2008年7月~2009年3月)
     戦略国際事業・日英研究交流に関する国際科学技術協力推進委員 事後評価委員(2008年8月~2009年3月)
     戦略的創造研究推進事業(CREST)領域アドバイザー「構造生命科学」(2012年4月~2019年12月)
     国際科学技術協力推進委員:戦略的国際科学技術協力推進事業(2012年6月~2013年3月)
  11. 文部科学省
     科学技術・学術審議会専門委員(2004年2月~2007年;2011年2月~2014年)
     研究費補助金・新学術領域研究領域代表者「構造細胞生物学」(2010年6月~2014年3月)
     科学研究費補助金における評価に関する委員会(2010年12月~2011年11月)
  12. 日本学術振興会
     産業協力研究委員会「回折構造生物学」発起人・委員(1997年4月)
     特別研究員等審査会専門委員
    (1998年6月~1999年7月;2003年8月~2004年7月;2006年8月~2008年7月;2014年8月~2016年7月)
     産業協力研究委員会第169委員会「回折構造生物学」委員(2000年4月~2006年)
     科学研究費委員会専門委員(2004年1月~2005年7月)
     特別研究員等・学術交流審査会専門委員(2008年8月~2009年7月)
     科学研究費委員会専門委員・生物学小委員会(2011年1月~2013年12月)
     国際事業委員会書面審査員・書面評価員(生物学 領域)(2014年8月~2016年7月)

受賞等

  1. 2003年 日本結晶学会賞学術賞
  2. 2013年 文部科学大臣表彰科学技術賞(科学技術分野・研究部門)

主な研究業績(著書等)

  1. Structure of the SHR-SCR heterodimer bound to the BIRD/IDD transcriptional factor JKD.
    Y. Hirano, M. Nakagawa, T. Suyama, K. Murase, M. Shirakawa, S. Takayama, T.P. Sun and T. Hakoshima, Nature Plants 3(3), 17010. doi: 10.1038/nplants.2017.10. (2017).
  2. Structure of the human Cereblon-DDB1-lenalidomide complex reveals basis for responsiveness to thalidomide analogs. P. P. Chamberlain, A. Lopez-Girona, K. Miller, G. Carmel, B. Pagarigan, B. Leon, E. Rychak, L. Corral, Y. J. Ren, M. Wang, M. Riley, S. Delker, T. Ito, H. Ando, T. Mori, Y. Hirano, H. Handa, T. Hakoshima, T. O. Daniel and B. E. Cathers, Nature Struct. Mol. Biol. 21 (9), 803-809 (2014).
  3. Gibberellin-induced DELLA recognition by the gibberellin receptor GID1. (Article) K. Murase, Y. Hirano, T.-p. Sun and T. Hakoshima, Nature 456 (7221), 459-463 (2008).
  4. Structural basis for the diversity of DNA recognition by bZIP transcription factors. Y. Fujii, T. Shimizu, T. Toda, M. Yanagida, and T. Hakoshima, Nature Struct. Biol. 7 (10), 889-893 (2000).
  5. The structural basis of Rho effector recognition revealed by the crystal structure of human RhoA complexed with the effector domain of PKN/PRK1. R. Maesaki, K. Ihara, T. Shimizu, S. Kuroda, K. Kaibuchi, and T. Hakoshima, Molecular Cell 4 (5), 793-803 (1999).
  6. Insights into multistep phosphorelay from the crystal structure of the C-terminal HPt domain of ArcB. M. Kato, T. Mizuno, T. Shimizu, and T. Hakoshima, Cell 88 (5), 717-723 (1997).
  7. AT base pairs are less stable than GC base pairs in Z-DNA: The crystal structure of d(m5CGTAm5CG). A. H. Wang, T. Hakoshima, G. van der Marel, J. H. van Boom, and A. Rich, Cell 37 (5), 321-331 (1984).
  8. The molecular structure of a DNA-triostin A complex. A. H. Wang, G. Ughetto, G. J. Quigley, T. Hakoshima, G. van der Marel, J. H. van Boom, and A. Rich, Science 225 (4667), 1115-1121 (1984).