本学において、企業等から委託を受けて、本学の業務として実施する研究で、 その成果を委託者へ報告する制度です。研究に要する経費については、委託者に負担していただくことになります。 研究に要する経費として直接経費と間接経費(直接経費の30%)が必要となります。なお、研究経費の総額が確定している場合は、 複数年度にわたる研究契約が可能です。

特許等を受ける権利の帰属等

  • 通常は、大学の単独帰属となります。
  • 相手方企業が当該特許の実施を予定される場合、出願時において独占交渉権取得の選択をしていただきます。独占交渉権とは出願日より3年間、当該特許を独占 的実施とするか非独占的実施とするかを選択することのできる権利です。この間、大学は当該特許について他企業と一切交渉することができません。
    1. 独占交渉権を取得された場合
      出願費等を相手方企業に負担していただきます。
    2. 独占交渉権を取得されない場合
      出願費等は大学が負担いたします。
      ただし、大学は常時、第三者へ実施許諾することができます。
  • 相手方企業が当該特許を実施される場合は、独占的実施または非独占的実施にかかわらず、大学に対し、実施料をお支払いいただきます。

受入状況

年度受入金額(千円)受入件数
11年度 524,047 41
12年度 707,253 52
13年度 508,803 45
14年度 509,089 62
15年度 1,723,565 89
16年度 1,181,791 76
17年度 1,280,847 83
18年度 1,145,223 84
19年度 1,217,212 90
20年度 1,060,143 70
21年度 1,184,999 78
22年度 958,670 77
23年度 1,009,135 84
24年度 1,154,418 87
25年度 794,121 70
26年度 641,762 52
27年度 616,687 57
28年度 658,425 70
29年度 642,611

57

※平成29年度については、平成29年8月1日現在の値を示す。