ティーチング・アシスタント(TA)制度の実施

本学では、大学教育の充実と大学院学生への教育トレーニングの機会を提供するとともに、これに対する手当ての支給により、大学院学生の処遇改善の一助とするためTA制度を平成6年度から実施しています。  

博士前期課程2年以上の学生を対象として、講義資料の収集・整理・作成補助やレポートの採点補助及び実験の指導補助に従事し、指導・教育方法を学ぶことを積極的に進めています。

【平成28年度採用実績】
164名採用
待遇 時給1,234円~

リサーチ・アシスタント(RA)制度の実施

RA制度は、国立大学などにおける研究支援体制の充実・強化並びに若手研究者の養成・確保を促進する方策として、優れた大学院学生を研究プロジェクトの研究補助者として参画させ、学術研究の一層の推進を図るため、文部科学省が平成8年度から導入したものです。
本学では、平成7年度からRA制度を全国の大学に先駆けて自主財源で実施しており、平成8年度から導入された文部科学省のRA制度と併せて研究支援体制などの一層の充実・強化を図っています。

【平成28年度採用実績】
246名採用
待遇 時給1,234円~

外国人留学生特別奨学制度

本学では、優秀で意欲のある私費外国人留学生(日本政府又は外国政府から奨学金を受領している外国人留学生以外の外国人留学生)に教育研究活動に専念させることを目的に、本国から日本までの渡航費、RAとしての雇用、授業料の全額免除等の支援を行う奨学制度を実施しています。なお、支援期間は、博士後期課程入学後3年間に限ります。

【平成28年度支援実績】
24名

博士後期課程社会人学生奨学金

本学では、博士後期課程に在籍する社会人学生に対して奨学金を給付し、修学を支援することにより、優れた人材の育成を目的として、博士後期課程1年次に在籍する学生で、かつ、企業等に在籍する(休職中を含む。)者(雇用形態が契約、パート、アルバイト等の非正規雇用の者を除く。)に、返還を要しない奨学金として、10万円の給付を行っています。 ただし、企業派遣の社会人学生で入学料及び授業料相当額を所属企業等から援助を受けている者及び本学のリサーチ・アシスタント又はティーチング・アシスタントに採用された者(採用予定の者を含む。)を除きます。

【平成28年度支援実績】
7名

奨学金

1.日本学生支援機構奨学金(旧:日本育英会奨学金)
学業・人物ともに優秀であり、かつ経済的理由により、修学が困難であると認められる場合には、本人の出願に基づいて選考の上、貸与されます。
日本学生支援機構奨学金には、無利子の第一種奨学金制度と有利子の第二種奨学金制度があります。第一種奨学金の貸与をうけ、在学中に特に優れた業績をあげたものとして支援機構が認定したものには、学資金の全部または一部の返還が免除される制度があります。

入学時貸与月額等
第一種奨学金(無利子) 第二種奨学金(有利子)
前期課程 次の受給額から選択
50,000円、88,000円
次の受給額から選択
5・8・10・13・15万円
後期課程 次の受給額から選択
80,000円、122,000円
平成27年度入学者貸与者 236名(100%) 22名(100.0%)

・()内は貸与率(貸与者/貸与希望者)。この貸与率は追加・臨時採用を含む平成27年度最終実績である。

2.その他の奨学金
本学では、日本学生支援機構奨学金の他に、文部科学省私費外国人留学生学習奨励費等の奨学金制度に採択されています。

入学料・授業料免除 、入学料徴収猶予

経済的理由により入学料又は授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる者及び入学前1年以内(授業料は納期前6ヶ月以内)に、学資負担者が死亡し、又は学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたこと等により、入学料又は授業料の納付が著しく困難であると認められる者に対し、選考の上、入学料又は授業料の全額又は一部を免除する制度があります。また、入学料免除には併せて入学料徴収猶予の制度もあります。

学生教育研究災害傷害保険(略称:学研災)

学生教育研究災害傷害保険は、学生が正課中、学校行事中、課外活動中、キャンパス内の休憩中及び通学中や学外実習等の移動中に被った不慮の災害事故に対する救済措置として全国の国・公・私立大学等の学生を対象とした傷害保険です。本学では、入学手続き時に加入手続きを行い、全員加入となっています。

区分保険料保険期間(※)
博士前期課程 1,750円 2年間
博士後期課程 2,600円 3年間

※4月入学者は所定修了年次3月31日まで、10月入学者は所定修了年次9月30日まで

学研災付帯賠償責任保険(略称:付帯賠責)

学研災付帯賠償責任保険は、学生が正課中、学校行事、課外活動中及びその往復中で、他人にけがをさせたり、他人の財物を損壊したことにより被る法律上の損害賠償を補償する保険制度です。本学では、入学手続き時に加入手続きを行い、全員加入となっています。

区分保険料保険期間(※)
博士前期課程 680円 2年間
博士後期課程 1,020円 3年間
対人賠償・対物賠償 / 1事故1億円限度

※4月入学者は所定修了年次3月31日まで、10月入学者は所定修了年次9月30日まで

学研災付帯学生生活総合保険(略称:付帯学総)

学研災付帯学生生活総合保険は、学生生活全般を補償する保険制度です。

本学では、任意加入としていますので、加入を希望する場合は、各自で申し込みを行ってください。なお、詳細パンフレットは、教育支援課に設置しています。

奈良先端科学技術大学院大学支援財団の助成

支援財団による研究に対する助成のほか、助成事業の一環として、学生が国際学会等において論文(研究)発表するための費用(渡航費、滞在費等)に対する助成が行われており、平成22年度は、26件の支援が行われました。また、優秀で意欲のある私費外国人留学生(日本政府又は外国政府から奨学金を受領している外国人留学生以外の外国人留学生)に対しても渡日旅費や入学料の支援を行っています。

キャリア支援

本学では、学生及び博士研究員のキャリア形成をサポートするために、平成25年度からキャリア支援室を設置しています。事務局棟1階(教育支援課隣り)に位置し、室内には求人票、就職関連本(SPI対策本や会社四季報など)が取り揃えられ、特任教員2名が常勤しています。

【開室時間】
9:30~17:30(12:00~13:00を除く)
※土曜、日曜、祝日、その他大学が定める休日は閉室します。
〒630-0192 奈良県生駒市高山町8916-5 事務局棟1階キャリア支援室
TEL:0743-72-5921/5922
FAX:0743-72-5139
E-mail:career[at]ad.naist.jp
※上記アドレスの[at]を@に置き換えてください。