HOME > 基金概要
基金概要
Fund overview

奈良先端大基金について紹介します。

基金の目的

世界トップレベルの教育研究拠点の形成に向け、本学における教育研究、社会貢献及び国際交流の一層の推進並びに教育研究環境の整備充実を図ることを目的としています。

基金による事業概要
ご寄附いただいた寄附金により、以下の5つの事業を実施いたします。
  1. 学生の修学を支援する事業
    ● 学生に対する育英奨学制度の充実 等
  2. 留学生を支援する事業
    ● 留学生に対する奨学制度の拡充や留学生支援に資する事業の実施 等
  3. 教育研究のグローバル化を推進する事業
    ● 日本人学生の海外留学の推進事業
    ● 海外研究者の積極的な招へいと若手研究者の長期海外派遣の推進事業 等
  4. 社会との連携や社会貢献のための事業
    ● けいはんな学研都市における中核機関として、自治体、近隣の企業、大学等と連携した活動
    ● 地域社会と連携して一般市民、小中高学生を対象とした科学技術に関する教育サービスの実施
  5. その他基金の目的達成に必要な事業
特定基金

特定基金は、特定の事業に係る寄附を募るため、基金の中に置くものです。奈良先端大基金には以下の2つの特定基金があります。

● 修学支援事業基金
国立大学法人が実施する修学支援事業に充てられる個人寄附に係る税額控除制度が導入されたことを契機として、奈良先端大基金に修学支援事業基金を設置し、2016年12月より受入れを開始しました。修学支援事業基金は、経済的な理由で修学が困難な学生の教育機会の確保のため活用されます。

<支援事業>
・ 授業料や入学料、寄宿料の全部または一部を免除する事業、その他学生の経済的負担を軽減する事業
・ 学資金の貸与または給付する事業
・ 学生の海外への留学に係る費用を負担する事業
・ 教育研究に係る業務に従事させ、学生に対して手当を支給する事業

● 外国人留学生サポート基金
本学では、2000年3月に外国人留学生後援会を発足させ、留学生が修学又は研究に専念できるよう、不測の事態に陥った際の援助や一時的な経済・生活支援を行ってまいりました。
2012年11月に外国人留学生後援会の財政基盤の安定化を図るために、本学基金の中に外国人留学生後援会が実施していた事業を行うための特定基金(外国人留学生サポート基金)を新たに設置しました。

<支援実績>
・ 留学生の緊急時の事態に対応するための救援者費用保険への加入
・ 入学料・授業料等の支払が困難な留学生に対しての一時金貸付(無利子)
・ 留学生がスムーズに修学活動を開始できるよう支援するための新規渡日留学生への生活必需品(冷蔵庫)の貸与
・ 民間宿舎等への円滑な入居を支援するための留学生住宅総合補償への加入

寄附者への謝意

奈良先端大基金にご寄附いただいた皆様に対し、謝意を表明するとともに、特典を用意しております。

● 広報誌やホームページでの寄附者のご紹介
 寄附者の合意を得て、寄附者のご芳名及び寄附金額をホームページおよび広報誌に掲載させていただきます。
● 感謝状等の贈呈
 奈良先端大基金に一定額以上ご寄附をいただいた方に、感謝状及び記念品を贈呈させていただきます。
● 寄附者顕彰銘鈑の掲示
 寄附者の合意を得て、奈良先端大基金に一定額以上ご寄附をいただいた方のご芳名を、寄附者顕彰銘鈑に刻印させていただきます。
● 広報誌の送付
 すべての寄附者に、奈良先端大の広報誌を5年間送付させていただきます。
お問い合わせ先

国立大学法人
奈良先端科学技術大学院大学基金事務室
〒630-0192 奈良県生駒市高山町8916-5
TEL:0743-72-6088
FAX:0743-72-5011
E-mail:

HOMEへこのページのトップへ