NAIST INNOVATION NETWORK:WORK SHOP 2007 を開催

イベント報告 2007/03/27

3月13日(火)、研修ホールにおいて、NAIST INNOVATION NETWORK:WORK SHOP 2007を開催しました。
本ワークショップは、科学技術の事業化、ビジネス化、技術ベンチャー"起業"に関心のある学生、研究者を対象に、先端科学技術研究調査センター、NAISTイノベーションネットワーク、BLS関西、が主催したもので、本学学生等21名が参加しました。
第1回目の開催となる今回は、株式会社リバネス 丸幸弘社長による講演「バイオ教育ベンチャー社長が語る--東大院生生活、起業、博士号」を行いました。
講義では、理工系大学院生のみで設立された初のバイオベンチャー・リバネスの創業者である丸幸弘社長が、まず、大学院で起業、博士号取得というキャリアにおける経験談を中心に講演しました。続いて、リバネスでコミュニケーション能力向上研修などに活用されている実際の教育手法をベースに、参加者を対象としたビジネスコミュニケーション研修が行われました。
会場からは「起業において重要なことは考えてから動くことか、動きながら考えることか」「起業の失敗と成功を分ける鍵は何か」といった質問が相次ぎ、丸社長は、時折ユーモアを交えながら答えていました。また、ワークショップ後に行われた懇親会においても、丸社長を囲んで熱心な意見交換が行われました。

NEWS & TOPICS一覧に戻る