山田康之元学長名誉教授が、内閣府「みどりの学術賞」選考委員に任命される

お知らせ 2007/03/26

政府は、新たに創設された内閣府「みどりの学術賞」について、本学の山田康之元学長・名誉教授を同賞の選考委員に任命したことを、平成19年1月15日に発表しました。同賞は、国内で植物、森林、自然保護などの研究で功績のあった個人を表彰するもので、「みどりの日」(5月4日)への国民の理解を広げるために昨年8月の閣議決定で創設されました。4月27日の「みどりの式典」で授与されます。

選考委員は次の通りです。
◇山田康之・奈良先端大名誉教授(植物分子細胞生物学)
◇井手久登・東大名誉教授(緑地学・景域保全)
◇岩槻邦男・東大名誉教授(植物分類学)
◇岡島成行・大妻女子大教授(環境全般)
◇郷通子・お茶の水女子大学長(生物物理学)
◇佐々木恵彦・東大名誉教授(造林学・樹木生理学)
◇日高敏隆・総合地球環境学研究所長(動物行動学)

-------------------------------------------------------------------------------

NEWS & TOPICS一覧に戻る