ゆめはんなサイエンスワークショップ2007で体験教室「ソーラーカーを作ろう!」を開催

イベント報告 2007/05/11

ゴールデンウイーク初日の4月28日(土)に「私のしごと館」において小中学生向け体験教室「ソーラーカーを作ろう!」を行いました。
このイベントは、平成18年3月27日の近鉄けいはんな線(近鉄生駒駅〜学研奈良登美ヶ丘)開通1周年に伴い、(社)関西経済連合会の呼びかけにより、学研都市に所属する教育機関や研究機関等が協力して"ゆめはんな"連携事業「ゆめはんなサイエンス・ワークショップ2007」として実施したもので、今年で2回目となります。
体験教室は2時間のプログラムで、20名の小・中学生が参加しました。
最初に、物質創成科学研究科の浦岡行治准教授から太陽光発電についての授業が行われ、太陽光発電のしくみや石油の代替エネルギーとなる太陽光発電の必要性などわかりやすく説明を受けた後、ソーラーカーを製作しました。「ちょっとむずかしい」と悲鳴を上げる子や手際よくつくりあげる子など、一生懸命になって全員が完成させ、長さ5メートルのコースでレースを行いながら、自分のソーラーカーの出来を競いあい、有意義なひとときを過ごしました。
最後に浦岡准教授と子供達は、「将来は是非奈良先端大に入学して、一緒に研究しましょう」という熱い約束を交わしました。

NEWS & TOPICS一覧に戻る