大学教員による高校生への科学講演会を開催

イベント報告 2007/06/21

6月16日(土)、奈良県立青翔高等学校(奈良県御所市)において科学講演会を開催しました。
この科学講演会は、平成16年度から同高校が「まほろば創生・なら教育特区」の一環として奈良県教育委員会と本学が教育特区推進に関する覚書を交して、奈良県理数科教育の充実を図るために、毎年開催しているもので今年で4回目です。
当日は、本学情報科学研究科 応用システム科学講座の杉本謙二教授が「考えるロボット」と題して、フィードバックによるロボット制御の基礎と最先端の話題について、実演や動画を交えて講演を行いました。集まった全校生徒と保護者ら約450名は、自然科学を学ぶ楽しさに触れ、科学への関心と理解を深める良い機会となりました。

NEWS & TOPICS一覧に戻る