高校生ラボステイを開催

イベント報告 2007/09/13

 奈良先端科学技術大学院大学は、8月20日(月)より22日(水)までの3日間、高校生ラボステイを開催しました。
 この催しは、高校生を対象に、実習や教員との懇談を通して最先端の研究を体感し、科学への関心を深めてもらうために開催したもので、文部科学省がスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定した奈良県下の3校から35名の高校生が参加、実習を行いました。
開校式の後、各講座に分かれて、蛍光顕微鏡や電子顕微鏡を使った細胞観察、半導体についての実習など、様々な内容の実習を行いました。
 最終日には高校生が実習の内容や成果を全員の前で発表し、3日間の日程を無事終了しました。
 参加した高校生にとっては、この3日間で科学が身近なものへと変わり、科学技術への関心が高まる良い機会となりました。

NEWS & TOPICS一覧に戻る