留学生見学旅行を実施

イベント報告 2007/09/03

8月23日(木)~24日(金)の1泊2日の日程で、留学生を対象とする信楽・長良川方面への見学旅行を実施しました。
これは、本学在籍の留学生を対象に、日本の伝統的文化に触れてもらい、日本の歴史や文化をより深く理解してもらう機会を与えるために毎年実施しているものです。
参加者26名は、まず、日本の伝統陶磁器で日本六古窯のひとつである信楽焼の陶芸を体験したあと、ロープウェイにて御在所岳へ登頂し、長良川では船上から日本の伝統的な漁法である鵜飼いを見学しました。また、明治時代の建築物が保存・展示されている明治村の散策や、アサヒビール名古屋工場ではビールの製造工程を見学するなど、日本の歴史・文化について見聞を広めるとともに、留学生同士の交流を深めました。
参加した留学生からは、日本が古来の文化を忠実に継承していることについて感慨を覚えたなどの感想が寄せられ、大変有意義な旅行となりました。

NEWS & TOPICS一覧に戻る