NAIST INNOVATION NETWORK : WORKSHOP2007 第6回を開催

イベント報告 2007/10/19

「『未来を予測するビジネス』とは?
-ベイジアンネットワークが切り拓く新マーケット」

 2007年10月12日(金)、先端科学技術研究調査センター研修ホールにおいて「『未来を予測するビジネス』とは?-ベイジアンネットワークが切り拓く新マーケット-」のワークショップを開催しました。
 本ワークショップは、日々の研究活動から生まれた製品アイデアや研究成果としての技術を製品化、事業化することに関心の高い学生等を対象として、技術ベンチャー"起業"を、今後のキャリアの1つとして考えてもらうことを目的として、NAISTイノベーションネットワークが開催したもので、学生、研究者等19名が参加しました。

 ワークショップでは、ベイジアンネットワーク技術を用いた予測ビジネスを展開するモデライズ株式会社、最高技術責任者の藤本和則さんにご講演頂きました。藤本さんは、「検索」で市場を制圧したGoogleに対し、次は「推薦」の時代であると、予測ビジネスの展望を熱く語りました。また、自社の映画推薦サービスなど実例をもちいてベイジアンネットビジネスの概要をわかりやすく説明しました。加えて、ハイテクベンチャーを成功させるのに必要な条件、大企業との提携のポイント、論文や書籍による宣伝方法等も話され、工学研究の事業化を志す学生に有益な情報が盛りだくさんの内容でした。

モデライズ株式会社:http://www.modellize.co.jp/

次回、NAIST INNOVATION NETWORK:WORKSHOP 2007 第7回は、2007年10月19日(金)(時間:17:00-20:00)、先端科学技術研究調査センター研修ホールにおいて、「起業家が語る『情報と発想』-会社を5社作って経験した株式上場と、倒産から得たもの-」のタイトルで、NAIST客員准教授、中小企業基盤整備機構サブマネージャーの光井將宇先生が講演を行います。参加希望の方は、kenkyo@ad.naist.jp(研究協力課研究企画係)まで。

NEWS & TOPICS一覧に戻る