キャンパスを快走!駅伝大会を開催

イベント報告 2007/11/14

11月5日(月)、学内キャンパスにおいて、駅伝大会を行いました。
秋の風物詩となったこの駅伝大会は、<吉川杯>の呼称を持ち、吉川寛本学名誉教授がバイオサイエンス研究科長在任時に、当時の吉川研究室の学生を中心に始めたもので、その後学生・教職員も参加する恒例の行事となり、今年で13回目を迎えます。
今年は、小雨の降る中開催され、26チーム、約250名の参加者が気持ちのいい汗を流しました。沿道には多数の観衆が詰めかけ、大学全体が一丸となって大変盛り上がりました。
この行事は、毎年、学生が自主的に幹事役をし、学生主体で行われている行事です。今後、NAISTに一層の活力、日頃のストレスの発散、リフレッシュはもちろん、大学全体に元気をもたらす行事として、ますます盛り上がっていくことが期待されます。

NEWS & TOPICS一覧に戻る