「第9回キャンパスベンチャーグランプリ(CVG)大阪」で情報科学研究科コンピューティングアーキテクチャ講座柴田章博さんらがテクノロジー大賞等を受賞(1/25)

受賞 2008/01/25

情報科学研究科(コンピューティング・アーキテクチャ講座)の柴田章博さん(博士前期課程1年)ら3名が、「第9回キャンパスベンチャーグランプリ(CVG)大阪 テクノロジー大賞」を受賞されました。

柴田さんらがテクノロジー大賞に輝いたプランは、「農家の苦労を減らす植物ウイルス防除事業」で、農作物がウイルスに感染する被害が多いことに着目し、その中でもウイルス被害の多いミカンのウイルス防除の薬を作成します。

また、情報科学研究科の武田康臣さん(博士前期課程2年)ら2名が「優秀賞(情報通信部門)」を、武田康臣さんら5名が「佳作(新技術部門)」を、バイオサイエンス研究科の米川雄基(博士後期課程1年)さんらが「佳作(ニュービジネス部門)」を、それぞれ受賞しました。

CVG大阪は、関西の学生による新事業の提案コンテストで、次代を担う若者の問題・課題解決型の人材育成、事業家精神の発揚という狙いで授与されるものです。大学初ベンチャーがその数を着実に増やしているなか、各地で起業家を目指す学生を鼓舞し、支援する表彰制度の中でも草分け的な存在と言えます。本学からは、昨年度の第8回でも田中秀一郎さんらが「ビジネス大賞」を、黒岩将さんらが「近畿経済産業局長賞」を受賞しており、昨年度に引き続いての輝かしい受賞となりました。


【第9回キャンパスベンチャーグランプリ大阪受賞一覧(2007年度)】
○ テクノロジー大賞 「農家の苦労を減らす植物ウイルス防除事業」
 ・柴田章博さん
 ・河合ゆずかさん
 ・村形慶法さん

○ 優秀賞(情報通信部門) 「携帯電話を用いた世界一簡単な自動アルバム作成サービス 『旅ろく』」
 ・武田康臣さん
 ・永田裕樹子さん

○ 佳作(新技術部門) 「幻の植物ホルモン「フロリゲン」を用いた開花時期コントロール事業」
 ・武田康臣さん
 ・中村優作さん
 ・佐々木俊弥さん
 ・庭野博子さん
 ・伏田豊仁さん

○ 佳作(ニュービジネス部門) 「MYやさい畑」
 ・米川雄基さん

NEWS & TOPICS一覧に戻る