奈良先端科学技術大学院大学は、最先端の研究を推進するとともに、その成果に基づく高度な教育により先端科学技術の発展に資する人材を養成するために、学部を置かない大学院大学として設置された。研究教育分野は、「情報科学」、「バイオサイエンス」、および「物質科学」という先端科学技術の基盤的な学問領域である。21世紀における人類の豊かな生活と住みよい社会を実現し、持続していくためには、次代を担う人材を養成し、人類の存続に役立つ多様な研究成果を社会に提供することが不可欠である。そのためには単に科学技術に精通するだけでなく、大局的な視点をあわせ持つ人材を育成する全人的な教育が必要である。

奈良先端科学技術大学院大学は教職課程を設置することによって、日本の中等教育を支える専門職としての教員養成の一翼を担うことを使命とし、情報化・国際化が進む社会にあっては、諸科学の基本だけではなく、人間として備えておくべき倫理観、広い視野、理論的な思考力、積極的な行動力、総合的な判断力、さらには豊かな言語表現能力を養い教授能力および、指導能力を備えた資質を育成することを目指している。