マネジメント・システムの枠組み


利益相反マネジメントの流れと体制







                                         相談・連絡窓口             
                                         利益相反マネジメント室
                                         窓口:研究協力課研究調整係
                                         電話:0743-72-5157
                                          E-mail:conflict-of-interest@ad.naist.jp


●本学の利益相反マネジメントは上図のような流れで行います。

●利益相反行為により問題が生じたとき又は生じる恐れがあるとき
①利益相反に関する判定の手続き

●判定結果に不服がある場合
②利益相反に関する審議


①利益相反に関する判定の手続き











~利益相反行為により問題が生じたとき又は生じる恐れがあるとき~

 ・利益相反に関する申告書に相談内容を記入し、封筒に入れて、上記相談・連絡窓口まで提出して下さい。
 ・申告書を受けた室員は、判定を行うために対象者のヒアリングを行います。
 ・判定結果が出たら、学長から対象者に利益相反に関する結果通知書が送付されます。

~結果に不服がある場合~
 異議申立てを行って下さい(→以下参照)




②利益相反に関する審議










異議申立書に異議申立ての趣旨等を記入し、封筒に入れて、上記相談・連絡窓口まで提出して下さい。
・異議申立書をもとに、利益相反審議会を開催します。
・審議結果に基づき、学長は異議申立てに対する決定を行い、対象者に異議申立書に対する審議結果通知書が送付されます。 
(注)審議結果に対象者は不服を申し立てることはできません。