奈良先端科学技術大学院大学 産官学連携推進部門
Home > 制度のご紹介 > 受託研究制度

企業等からの委託による受託研究制度

本学において、企業等から委託を受けて、本学の業務として実施する研究で、その成果を委託者へ報告する制度です。
お申込みについて
[ 窓口 ] 研究協力課 研究支援係
[ E-mail ] k-kikaku@ad.naist.jp
[ TEL ] 0743-72-5073

受託研究のポリシー

受託研究の受入について

受託研究の受入については、本学の研究及び教育に支障がなく、かつ、研究及び教育に有意義である場合に行っています。
以下、本学の知的財産ポリシー、産官学連携ポリシーもご覧ください。

受託研究費について

  • 企業様(受託研究の相手方となる企業等)には受託研究にかかる経費(研究経費)を、指定の期間内に納付していただきます。
  • 直接経費*の30%を間接経費として別途ご負担いただきます。
* 直接経費:受託研究遂行のために必要となる物品費、旅費、人件費、謝金等の直接的な経費。

成果の取扱について

  • 成果(知的財産を含む)は原則として本学に帰属します。
  • 本学の使命と意義を鑑みて、知的財産権の取得を目指す成果を除き、成果の公表は基本的に妨げられないものと考えております。
  • 企業様が当該特許の実施を予定される場合、独占的実施または非独占的実施にかかわらず、実施料をお支払いいただきます。
上記特許に関する取扱について、以下のフローチャートにまとめていますので、ご参照ください。
奈良先端大の受託研究契約における知的財産権の取扱いに係るフローチャート

受託研究契約書の雛形

受託研究契約書の雛形はこちら»

受託研究開始までの手続きについて

  1. 申し込み
    受託研究申込書はこちら»
    [ 窓口 ] 研究協力課 研究支援係
    [ E-mail ] k-kikaku@ad.naist.jp
    [ TEL ] 0743-72-5073
    [ FAX ] 0743-72-5015
  2. 役員会での審議・承認(学内手続き)
    原則として、週に一回手続きを行っております。
  3. 受託研究契約書の締結
    本学より契約書をお送りします。
  4. 請求書の発行
    原則、契約締結日に発行します。
  5. 研究経費納付
    定められた納付期限(通常、請求書発行日から30日)までにご納付いただきます。
  6. 研究開始
    研究経費納付日より研究開始となります。

受託研究の流れ

チャート:受託研究制度

税制上の優遇について

企業と本学が共同・受託研究を行った場合、「試験研究費の総額に係る税額控除制度」、「中小企業技術基盤強化税制」等による税制上の優遇を受けることができます。優遇のための証明等が必要であれば、研究協力課研究支援係までご連絡ください。
なお、税制度にかかる詳細は、国税庁のホームページでご確認ください。

受託研究の受け入れ状況

年度受入金額(千円)受入件数
平成11年度 524,047 41
平成12年度 707,253 52
平成13年度 508,803 45
平成14年度 509,089 62
平成15年度 1,723,565 89
平成16年度 1,181,791 76
平成17年度 1,280,847 83
平成18年度 1,145,223 84
平成19年度 1,217,212 90
平成20年度 1,060,143 70
平成21年度 1,184,999 78
平成22年度 958,670 77
平成23年度 1,009,135 84
平成24年度 1,154,418 87
平成25年度 794,121 70
平成26年度 641,762 52
平成27年度 616,687 57
平成28年度 658,425 70
平成29年度 858,822

82

平成30年度 861,781

101

令和元年度 869,969

92

令和2年度 735,261

67

※各年度3月31日現在の値を示す。令和2年度については、令和2年7月現在の値を示す。