奈良先端科学技術大学院大学 産官学連携推進部門
Home > トピックス > 出展案内

本学学生チームが2つのビジネスプランコンテストで受賞

本学学生チームが提案したビジネスプランが、大阪イノベーションハブ主催「OIHスタートアップ・ピッチ2015」においてOIH賞、また、一般社団法人関西ニュービジネス協議会主催「NBKニュービジネスアワード2015」において「学生部門賞」を受賞しました。

 

受賞したのは、玉田眸さん(情報科学研究科・M2)、澤邊太志さん(情報科学研究科・M2)、枇榔晃裕さん(情報科学研究科・M2)、永田健悟さん(物質創成科学研究科・M2)、田村洋輔さん(情報科学研究科・M1)、須藤広大さん(情報科学研究科・M1)らのチームで、受賞プラン名は「Recty」(OIH)、「その日のあなたにぴったりのメイク推薦サービス~忙しいときこそ、キレイな私と手軽に出会おう~」(NBK)、共にコンセプトは、「今日のメイクで、変わることがある」。

 

【受賞者のコメント】
「受賞に関して、メンバ一同とてもうれしく思っております。この受賞は、GEIOTプログラムを通してビジネスプラン構築からブラッシュアップまで様々なワークショップから得られた経験やメンターの方々のサポートがあったからだと考えております。今後ともメンバ一同頑張りたいと思います。ありがとうございました。」

 

また、中村優吾さん(情報科学研究科・M1)と松田裕貴さん(情報科学研究科・M1)らのチームが大阪イノベーションハブ主催「OIHスタートアップ・ピッチ2015」において近畿総合通信局長賞(学生部門)を受賞しました。受賞プラン名は「おなかのげんじつ」。コンセプトは、「ベルトに付けるだけの新しいウェアラブルデバイス」。

  

【受賞者のコメント】
「半年間GEIOTプログラムの講義でブラッシュアップしたビジネスプランである「おなかのげんじつ」が評価していただけたことは非常に光栄な事だと感じます。今後はビジネスとして実際の活動に活かしていきたいと考えています。」

 

おなかのげんじつ公式HP

 

なお、今回受賞したプランは、平成27年度GEIOTプログラム等において、受賞者達が作成したものです。

※GEIOTプログラムとは、本学(情報科学研究科及び産官学連携推進部門)、国際電気通信基礎技術研究所及び大阪イノベーションハブが実施するIoTの分野における「製品やサービス全体の設計と実現」や「国際的な視野での起業・事業創出」を先導できる優秀なアントレプレナー人材を育成するプログラム(Global Entrepreneurs in Internet Of Things)です。

 

NAIST GEIOTプログラム公式HP

 

  NBK受賞式の様子 左から玉田さん、澤邊さん、枇榔さん、永田さん(NBK) 左から松田さん、中村さん(OIH)