奈良先端科学技術大学院大学 産官学連携推進部門
Home > トピックス > 出展案内

「京都ビジネス交流フェア2016 産学公金連携マッチングフェア」に出展

2月18日(木)、19日(金)に京都パルスプラザにおいて開催された「京都ビジネス交流フェア2016 産学公金連携マッチングフェア」に本学は以下のテーマでブースを出展しました。

 

○研究推進機構 研究推進部門/物質創成科学研究科 ナノ高分子材料研究室
網代広治特任准教授
「ポリ乳酸末端修飾により選択的かつ可逆的な相互作用を付与させた機能性材料の開発」
ポリ乳酸の末端に可逆的反応性を有するアルデヒドを導入した。外部環境によってアミンやジオールと化学結合可能であり、動的なナノ構造体の調製が可能となる。また、高分子主鎖はステレオコンプレックス化により高性能化が可能である。今後の応用先の例として、細胞壁に着地する薬物徐放システム、ナノ粒子を用いたワクチンアジュバント、ナノ薄膜構造によるバイオマテリアル、医用材料、環境材料および薬物徐放材料などが挙げられる。

 

産学公金連携マッチングフェアは、ものづくり中小企業の独自技術の向上、新技術・新製品の開発および開発期間の短縮化等の取り組みを加速するために産学公金のマッチングをはかるために開催されており、今回も大勢の方が来場されていました。

 

2日間を通じて、本学のブースを訪れていただいた多くの来場者に大変興味深く本技術の説明を聞いていただき、応用先について貴重な意見交換が行えました。

 

 

 

 
説明を行う闞凱博士研究員