奈良先端科学技術大学院大学 産官学連携推進部門
Home > トピックス > 出展案内

「イノベーション・ジャパン2017」に出展(2017/8/31~9/1)

8月31日(木)~9月1日(金)に東京ビッグサイトで開催された「イノベーション・ジャパン2017~大学見本市&ビジネスマッチング~」(国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)主催)に参加し、本学は、以下のテーマで6つのブースを出展しました。

 

 

◇情報通信

○情報科学研究科 インタラクティブメディア設計学研究室

   加藤 博一 教授

   「瞳位置検出によるレンズアレイ型HMDの画質改善」

○情報科学研究科 光メディアインタフェース研究室

   向川 康博 教授

   「合わせ鏡を使って あなたのカメラで分光撮影」

◇ライフサイエンス

○バイオサイエンス研究科 植物代謝制御研究室

   加藤 晃 准教授

   「オーダーメイド植物の外来遺伝子高発現システム」

○バイオサイエンス研究科 応用免疫学研究室

   新藏 礼子 教授

   「新規アレルギー治療薬の開発」

◇超スマート社会

○物質創成科学研究科 光機能素子科学研究室

   徳田 崇 准教授

   「光エナジーハーベスティングによる波長変換装置およびIoT端末」

◇低炭素・エネルギー

○物質創成科学研究科 情報機能素子科学研究室

   石河 泰明 准教授

   「太陽光発電モジュールの劣化状況が簡単に判る評価技術」

 

 

イノベーション・ジャパンは、大学等から創出された研究成果の社会還元、技術移転を促進すること及び、実用化に向けた産学連携のマッチング支援を実施することを目的として開催されるもので、企業の研究開発担当者、経営者、大学関係者など2万人を超す来場がありました。


2日間を通じて、本学のブースにもたくさんの見学者が訪れ、技術応用や製品化について活発な情報交換が行われました。今後、ライセンス、共同研究等により本学の研究成果の社会還元、技術移転への進展が期待されます。



  <出展ブースの様子>