【出展案内】「イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~」(2018/8/30~31)
奈良先端科学技術大学院大学 産官学連携推進部門
Home > トピックス > 出展案内

【出展案内】「イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~」(2018/8/30~31)

8月30日(木)~8月31日(金)にかけて、「イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~」が東京ビッグサイトにて開催され、本学研究者が出展いたします。
本展示会は全国の大学等の技術シーズを一堂に集め、企業へ紹介し産学連携の推進、技術移転のきっかけとなる場を提供することにより、産業活動の活性化を目指す産学連携マッチングイベントです。

 

本学からは、以下の内容で出展いたします。

 

◇超スマート社会
○先端科学技術研究科 情報科学領域 ネットワークシステム学研究室 Duong Quang Thang 助教 
「走行中ワイヤレス給電 -充電いらずのEV/AGVを実現-」(小間番号:S-08)
(見どころ)
給電装置、受電装置の模型に、バッテリーを搭載しないスケルトン車両を搭載し、磁界結合⇔電界結合のいずれかを発生させることによって得た電力を利用して、 車両が走行していることをインジケータやLEDランプを用いて、リアルタイムに分かるようにデモを実施します。


◇シニアライフ(高齢社会)
○先端科学技術研究科 情報科学領域 環境知能学研究室 神原 誠之 准教授 
「テレビが10倍おもしろくなるTV雑談エージェント」(小間番号:A-08)
(見どころ)
これまで様々な対話ロボットが開発されていますが、それらはシナリオベースや自動雑談機能で対話文が生成されており、利用者にとってその発話文は魅力的では(面白く)ないため、 時間経過とともに使われなくなってしまう問題がありました。本展示では、TV視聴時を想定して、これまでになかった利用者が思わず話しかけてしまうような魅力的な対話を可能とする エージェント(スマホ・Webアプリ、卓上人型ロボット)の展示を行います。


◇情報通信
○先端科学技術研究科 情報科学領域 ロボティクス研究室 高松 淳 准教授
「AIを素早く賢くして、モノの仕分けを迅速に」(小間番号:I-36)
(見どころ)
人工知能技術を用いた高精度な認識能力をもつ小型ロボットアームによるお菓子のピッキングシステムを展示します。ユーザインターフェースにより選択された訪問者の欲しいお菓子を ロボットアームが自動でピッキングして袋詰めし、訪問者に提供します。想定するロボットシステムを訪問者がイメージしやすい展示を行います。


◇ライフサイエンス
○先端科学技術研究科 バイオサイエンス領域 計算生物学研究室 作村 諭一 准教授 
「機械学習と細胞の電位を用いて生きた細胞内の生化学反応経路を推定する」(小間番号:L-48)
(見どころ)
科学的背景(細胞機能が生化学反応経路で実現されること)、従来の測定技術の課題などの、本技術の背景を解説します。また、膜電位変化の実験データを提示することで、 細胞固有パラメータの重要性が実感できます。さらに、可能性のある反応経路から、最適経路を選択する様子を、概念図を用いて、解説します。


○先端科学技術研究科 バイオサイエンス領域 植物代謝制御研究室 加藤 晃 准教授  
「細胞へ導入した遺伝子の発現診断」(小間番号:L-49)
(見どころ)
最小3'バイアスで切断部位が検出できること等の具体的な実験結果を示し、本技術の有用性を示します。


◇マテリアル・リサイクル
○先端科学技術研究科 物質創成科学領域 ナノ高分子材料研究室 網代 広治 特任准教授  
「多様な感熱応答性を有する環境適合性感熱応答材料」(小間番号:Z-36)
(見どころ)
感熱応答性高分子として知られるN-ビニルアミド系ポリマー骨格のN位に、感熱応答性を示すオリゴエチレングリコール鎖を導入した新規ポリマーおよび共重合体の展示、ならびに、 それらを用いた実用化の可能性を紹介します。



本展示会への皆さまのご来場をお待ちしております。


イノベーション・ジャパン2018公式HPはこちら