役員プロフィール

理事

画像:野口哲子

野口 哲子のぐち てつこ

メッセージ

理工学系の人材が従来にも増して求められている今こそ、本学の本領を発揮する時です。本学の男女共同参画を推進するには、子育て世代の若手研究者の育成・支援が肝要だと考えています。また、本学創立30周年を機に、同窓会組織を支援して強固にし、社会で活躍中の修了生と大学及び修了生同士の連携を高め、NAISTのブランド力アップに繋げたいと思っています。

専門分野

細胞生物学

主な学会、社会活動等

  1. 日本植物学会(1972年~)
    評議員(2007年~2009年)
    近畿支部長(2002年~2004年)
  2. 日本植物形態学会(1988年~)
    会長(2012年~2013年)
    評議員(2008年~2009年)
    学会誌編集委員長(1998年~2003年)
  3. 日本顕微鏡学会(1980年~)
  4. 日本植物生理学会(1994年~2018年)
    評議員(2012年~2013年)
    学会賞選考委員(2007年~2008年)
  5. 日本細胞生物学会(1988年~2018年)
    評議員(2004年~2007年)
  6. 文部科学省
    学術審議会専門委員(1996年1月~1998年1月)
    教科用図書検定調査審議会調査員 (1999年12月~2000年10月)
    教科用図書検定調査審議会臨時委員 (2015年4月~2019年3月)
    大学のガバナンス改革の推進方策に関する検討会議委員(2016年12月~2018年3月)
  7. 大学入試センター教科専門委員会委員 (1996年4月~1998年3月)
  8. 日本学術振興会
    特別研究員等審査会専門委員 (1997年6月~1999年5月、2003年8月~2005年7月)
    科学研究費委員会専門委員(2000年1月~2001年12月、2004年1月~2004年12月)
    国際生物学賞委員会・審査委員会委員(2005年1月~2005年12月)
    連携会員(2006年8月~2012年9月)
  9. 奈良地方裁判所委員会委員 (2007年8月~2011年7月)
  10. 奈良県立奈良高等学校SSH運営指導委員(2008年4月~2010年3月)
  11. 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科アドバイザー委員会委員(2009年4月~2013年3月)
  12. 学校法人佐保会学園 評議員(2014年4月~2020年9月)、理事(2020年10月~)
  13. 大学改革支援・学位授与機構
    国立大学教育研究評価委員会ワーキング・学系別検討チーム委員(2018年10月~)

受賞等

  1. 1962年 公益財団法人風戸研究奨励会・風戸賞
  2. 2001年 日本植物形態学会・平瀬賞 
  3. 2008年 日本植物形態学会・学会賞 

主な研究業績(著書等)

  1. Atlas of Plant Cell Structure, Editor in chief; T. Noguchi,Ed; S. Kawano, H. Tsukaya, S. Matsunaga, I. Karahara, A. Sakai and Y. Hayashi, Springer (2014).
  2. 3D reconstruction of endoplasmic reticulum in a hydrocarbon‑secreting green alga, Botryococcus braunii . (Race B). R, Suzuki, I. Nishii, S. Okada and T. Noguchi, Planta 247(3), 663-677 (2018).
  3. Transformation of Lipid Bodies Related to Hydrocarbon Accumulation in a Green Alga, Botryococcus braunii (Race B). R. Suzuki, N. Ito, Y. Uno, I. Nishii, S. Kagiwada, S. Okada S and T. Noguchi. PLoS ONE, 8, Issue 12:e81626 (2013).
  4. Cytoskeleton mediating transport between the ER system and the Golgi apparatus in the green alga, Scenedesmus acutus. Y. Tanaka and T. Noguchi. Euro. J. Cell Biol. 79, 750-758 (2000).