1. トップページ
  2. 研究者の方へ
  3. 客員研究者のビザ申請について

客員研究者のビザ申請について

本学では、本学で受け入れる外国人客員研究者のビザ申請を支援しています。詳細は以下をご確認ください。

90日を超える長期滞在の場合

外国人研究者のビザ発給が迅速に行われるように、本学が在留資格認定証明書(Certificate of Eligibility(COE))の代理交付申請を行います。
参考:【外務省】ビザ申請から取得までの流れ(長期滞在)

COE申請が必要な場合は、来日予定日の遅くとも2か月前まで(可能な限り3ヶ月前まで)に国際課国際連携係(kokusai[at]ad.naist.jp)にご連絡ください。

COE申請の必要書類

(研究者本人)

  1. 在留資格認定証明書交付申請書(「教授」または「文化活動」)
  2. パスポートのコピー(写真、旅券番号等が記載されたページ)
  3. 写真のJPEGデータ(3ヶ月以内に撮影したもの。正面。顔から肩まで。無背景)
  4. 経費負担がわかる証明書
  5. 略歴書

(配偶者・子)

  1. 在留資格認定証明書交付申請書(「家族滞在」)
  2. パスポートのコピー(写真、旅券番号等が記載されたページ)
  3. 写真のJPEGデータ(3ヶ月以内に撮影したもの。正面。顔から肩まで。無背景)
  4. 婚姻証明書(配偶者)、出生証明書(子)

COE申請からビザ取得までの流れ

  1. COE申請に必要な書類がそろい次第、本学が国内の入国管理局にCOEを申請
  2. COEが発行され(約1ヶ月かかる)、本学に送付される
  3. 本学から研究者本人にEMS(速達)で送付する(約1週間で研究者本人に届く)
  4. 研究者本人がCOE及びその他の必要書類をもって、本国の日本国大使館または領事館でビザを申請する
  5. ビザが発給される(約1週間かかる)

90日以内の短期滞在の場合

短期滞在の場合、出身国・地域によりビザが免除されることがあります。免除国・地域は、以下の外務省サイトでご確認ください。
参考:【外務省】ビザ免除国・地域(短期滞在)

短期滞在でビザが必要な場合、外国人研究者が本国の日本大使館または領事館でビザ申請を行います。
参考:【外務省】ビザ申請から取得までの流れ

申請時に提出する書類のうち、日本の招へい者が準備する書類(※)は受入教員が用意し、外国人研究者に送付します。
※日本の招へい者が準備する書類(1~3の様式は外務省サイトからダウンロード可)

  1. 招へい理由書(Invitation Letter)
  2. 滞在予定表(Itinerary in Japan)
  3. 身元保証書(Letter of guarantee)
  4. (受入教員の)在職証明書(Certificate of Employment)

在留期間の更新や在留資格変更等の手続き

在留期間の更新や在留資格変更等の手続きは、外国人研究者本人が入国管理局に申請する必要があります。申請時に提出する書類のうち、所属機関長(学長)の承認が必要なものについては、国際課国際連携係(kokusai[at]ad.naist.jp)に依頼してください。