奈良先端科学技術大学院大学 産官学連携推進部門
Home > トピックス > 出展案内

奈良県立医科大学との共同研究助成事業報告会を開催(2020/03/18)

2020年3月18日(水)、奈良県立医科大学にて、奈良県医科大学との令和元年度共同研究助成事業報告会を開催し、令和元年度共同研究助成事業に採択された、以下のテーマについて、成果報告が行われました。

 

・「心筋疾患に対するAIを用いた自動病理診断システムと非侵襲的検査法からの病理像 予測システムの開発」
   本学側代表者      :情報科学領域 佐藤 嘉伸 教授

   奈良県立医科大学側代表者:尾上 健児 学内講師

・「1細胞遺伝子発現と細胞形態の深層学習による統合解析」
   本学側代表者      :バイオサイエンス領域 末次 志郎 教授

   奈良県立医科大学側代表者:栗本 一基 教授

  この共同研究助成事業は、両学の連携研究活動の一層の活性化を推進する目的で、令和元年10月から開始されたものです。令和元年度については、令和元年10月1日~令和2年3月31日までを助成期間とし、7件の応募の中から、上記2件が採択されました。

  各テーマの研究代表者が研究成果や今後の取り組みへの発展について発表を行いました。当初、両学から聴講者を募集する形で企画をしておりましたが、昨今の情勢を鑑み、発表者と連携活性化委員のみでの実施となりましたが、質疑応答では、活発な意見交換が行われました。


  なお、令和2年度についても共同研究助成事業を引き続き実施する他、両学の連携研究活動の一層の活性化にむけた取り組みを進めていく予定です。