奈良先端科学技術大学院大学 産官学連携推進部門
Home > お知らせ一覧 > 出展案内

【製品化】デジタルグリーンイノベーションセンター 加藤晃教授の研究成果の製品化(無細胞タンパク質合成試薬)(2021/6/14)

デジタルグリーンイノベーションセンター(先端科学技術研究科)の加藤晃教授の研究グループは、NUProtein株式会社(徳島県徳島市)との共同研究により、無細胞タンパク質合成系に適した翻訳エンハンサーを見出しました。そして、この翻訳エンハンサーを導入した無細胞タンパク質合成用試薬(無細胞タンパク質合成オールインワンキットBCF5100)が、NUProtein株式会社から販売開始されました。

無細胞タンパク質合成系は、広範な研究分野での利用が期待されていますが、真核生物あるいは大腸菌等の大量培養による合成と比較すると、一般的にタンパク質の合成効率が劣るとされています。本共同研究では、タンパク質合成に用いるmRNA配列、特にmRNAの5’UTRにおける翻訳促進活性を有するエンハンサー配列の最適化を行うことにより、GFPを生産させた場合、従来品に比べ3倍程度の収量向上が得られました。

製品画像