ホーム  > 支援情報  > 託児スペースの提供
託児スペースの提供
教員研究員常勤職員有期契約職員学生
学内に一時託児室「せんたん」を設置

■事業の内容
本学構成員の研究と育児の両立を支援するため、子どもの一時託児及び利用者と子どもの一時滞在のために一時託児室「せんたん」を設置

■利用対象者
子どもを持つ本学に勤務する教職員及び学生

■対象となる子ども
生後57日目から小学校6年生まで

■利用時間と場所
平日、土、日、祝日とも 7:00~22:00
託児室は大学宿舎の敷地内にあります。

■利用方法
託児室は、防犯のため、常時、電子錠(スマートロック)で施錠しています。
利用を希望される方は、事前(利用予定日の3 日前まで)に、以下のいずれかの申請フォームより登録申請をしてください。
 ①保育者を手配して利用する一時託児 申請フォーム
 ②利用者と子どもの一時滞在 申請フォーム
なお、一時託児での利用場合、保育者の手配は、利用者自身が行うものとし、保育にかかる料金等は利用者の負担になります。※ベビーシッター料金の利用費補助(大学) を利用することができます。
電子錠では、お手持ちのスマートフォン等で解錠・施錠をしますので、ご利用の際は、専用アプリのインストールと、男女共同参画室が配信する合カギ情報が必要になります。
★託児室の予約状況はこちら

■利用後の報告
利用後は、施錠等を確認し、使用日の翌日までに使用報告書を送信してください。

■利用における留意点
・「託児室せんたん」は大学宿舎の敷地内にありますので、他の居住者の迷惑にならないように注意してください。
 (大音量で音を出さない、駐車場を走り回らない、室内で壁や床を叩かない、棟内の階段をむやみに使用しない、
  他の居住者の私有物品に触らない、等)
・台所を使用する際はゲートを閉め、子どもたちが立ち入らないようにしてください。
・使用中に出たごみは、利用者各自で持ち帰って下さい。
・新型コロナウィルス感染予防のため、マスクの着用とお部屋の定期的な換気をお願いします。
・使用後のおもちゃは指定のコンテナ―に分けて片付けてください。
  ※日本小児感染症学会「保育園における新型コロナウィルス感染症に関する手引き」(第1版:2020年3月25日
  発行)及び厚生労働省「保育所における感染症対策ガイドライン」(2018年改訂版)に示されている方法に準じ
  た託児室の環境整備に努めています。

■設備
エアコン、冷蔵庫、電子レンジ、ミニキッチン、寝具一式、トイレ、子ども用便座、浴室、机・イス、 
丸テーブル、キッズチェア、コーナークッション、安全柵、空気清浄機等

■備品
おもちゃ(ミニカー・ままごとセット・オセロ等)、絵本、おりがみ、色えんぴつ等、 
ウェットティッシュ、救急箱、布団乾燥機等

   DSC_1325-2.jpgDSC_1310-2.jpgDSC_1302-2.jpg
       DSC_1317.JPGDSC_1307.JPG