学内での受診

学生・教職員の心身の健康を保持するため、大学会館の2階に保健管理センターがあります。健康診断が実施できる施設が備え付けられており、日々の健康相談も受け付けています(平日の9時~17時)。身体的な不調を感じた場合は遠慮なく受診してください。必要に応じて、薬剤を処方することも可能です。精神面でのお悩みやご相談に関しては、医師か看護師が対応いたします。同様に、複数のカウンセラーがおり、週に4日駐在しています。そのうち1名は留学生のためのカウンセラーで、毎週火曜日の9時~12時までカウンセリングが受けられます。

学外での受診

国民健康保険加入者は、ほとんどの医療機関で、実際にかかった医療費の3割負担で治療が受けられます。その他、自国の海外旅行保険に加入して来日した場合は、治療代や薬代を一度全額負担し、保険会社に請求することで後から返金されることが多いです。病院についての詳細は「留学生ためのハンドブック」のAppendix(資料)に協力医療機関のリストが掲載されているので、以下URLからご参照ください。
留学生のためのハンドブック

  1. 保健管理センターからの紹介状を来院する病院に持参してください。
  2. 万一、保健管理センターの医師や看護師と連絡が取れない場合は、紹介状なしで直接医療機関へお越しください。
  3. 万一、祝日や休日の夜間に診察が必要な場合は、「留学生のためのハンドブック」 Appendix(資料)に掲載の協力医療機関にご連絡の上、奈良先端科学技術大学院大学の所属であることを病院に伝えてください。
  4. 整形外科や皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、婦人科、歯科やその他に関する病院の紹介状を発行しています。保健管理センターにあるパンフレットを参考にしてください。