ホーム  > メッセージ  > 利用者の声  > 出張時保育支援を利用して(安喜 史織 先生)
出張時保育支援を利用して


バイオサイエンス領域 植物成長制御研究室(梅田研)安喜 史織 助教

コロナ禍以前に何回も利用しました。当時未就学児だった子どもを学会や会議に連れて行けたのはいい思い出です。子ども連れの研究者は他にもいましたが、 学会託児も自分で手配する託児も食事代以外ほぼ全額カバーされる本制度は本学にしかなく、 羨ましがられました。子どもを実家に預けて出張しても、準備する荷物の量は一緒ですし、何日も孫の面倒を見るのは親にとってもたいへんです。
私の場合のように、仕事をもつ親に休暇を取得してもらわないと預けられない人はこれからますます増えていくと思いますので、次世代にとってもよい制度だと思います。
改善点ですが、預け先が見つからないことがあって(結局男女共同参画室に見つけてもらったのですが)大変困りました。自分で託児を手配しようとするとき、預け先を探すのが一番しんどいし時間もかかるので、支援してもらえたらありがたく思います。
(令和4年8月)

利用者の声一覧へ戻る>>