ホーム  > 支援情報  > プラス α 保育
プラス α 保育
一般保育所ではカバーできない保育を支援

2009年から実施している両立支援"プラス α 保育"は、夜間や休日、病気回復時など、通常の保育サービス(保育所・学童保育)ではカバーできない部分の育児支援を行っています。

小さなお子さまのいる教職員の方々は、男女関わらず以下のフローチャートの場面例と条件に応じて利用できます(ここに示した支援内容は一例です)。

下方の支援内容をクリックすると、詳細ページに移ります。

プラスα保育支援内容フローチャート

託児室せんたん 福利厚生看護休暇 出張時保育支援 研究領域依頼 個人対象一時託児サービス 法人契約 割引券

※用務が研究領域の主催するセミナー等の場合、一時託児サービス設置にかかる費用を男女共同参画室が全額負担します。