奈良先端大東京フォーラム2021「DX時代の『活躍人材』と教育の未来」を開催(2021/11/11)

2021/11/18

 11月11日(木)、有楽町朝日ホール(東京都千代田区)において、「奈良先端大東京フォーラム2021「DX時代の『活躍人材』と教育の未来」」を開催しました。

このフォーラムは平成9年度から毎年度開催しているもので、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、会場の入場者数を縮小し、実地開催に加えてオンラインでの配信を行いました。会場への来場者は96名、オンラインでの視聴者は214名となり、全国から多くの方にご参加いただきました。

 本学の塩﨑学長による挨拶の後、慶應義塾大学教授/内閣官房参与(デジタル政策担当) 村井純氏から、「デジタル社会の創生」と題した基調講演(ビデオメッセージ)が行われ、引き続き、中央大学法科大学院教授 野村修也氏による「DXを駆使して社会課題に挑戦しよう-SDGsが目指す共通価値の創造とは-」と題した特別講演が行われました。

 また、パネルディスカッションでは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授/KGRIサイバーセキュリティ研究センター長 砂原秀樹氏、パナソニック株式会社テクノロジー本部ヒューマンテックソリューション部部長(本学OB) 西川剛樹氏を学外パネリストに、朝日新聞社科学医療部記者 瀬川茂子氏をファシリテーターに迎え、中央大学法科大学院教授 野村修也氏、株式会社dTosh代表取締役社長/本学先端科学技術研究科 平尾俊貴特任助教、本学教育推進機構イノベーション教育部門長 飯田元教授をパネリストとして、「DX時代の『活躍人材』と教育の未来」と題して活発な意見交換が行われました。

 本フォーラムの詳細については、令和3年12月中旬に朝日新聞に掲載される予定です。

基調講演(ビデオメッセージ)を行う村井氏
基調講演(ビデオメッセージ)を行う村井氏
特別講演を行う野村氏
特別講演を行う野村氏
パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子

NEWS & TOPICS一覧に戻る