次世代育成支援行動計画について

趣旨

職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、本学で働く全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成27年4月1日~平成32年3月31日までの5年間

内容

目標1

子育て支援等に関する職員への情報提供を充実させる。

<対策>【平成27年4月~】
  • 育児休業、休暇及び給付金などの出産・育児に関する諸制度について、ホームページ又は冊子などによる職員への情報発信を充実させる。
  • 職員の意識改革、情報共有を目的とした説明会、セミナー等を実施する。

目標2

時間外労働削減の取り組みを実施する。

<対策>【平成27年4月~】
  • 各部署においてノー残業デーを設定し、周知のうえ実行する。
  • 業務内容の点検、見直しを行い、適正化に努める。
  • 学内会議、打合せ等は原則17 時以降に行わないこととし、周知のうえ実行する。
  • 適切に労働時間を把握するため、就業管理システムを導入する。

目標3

年次有給休暇の取得促進のための取り組みを実施する。

<対策>【平成27年4月~】
  • 業務相互支援体制の構築、各部署における年次休暇取得計画表の作成など、有給休 暇の取得がしやすい環境整備を行う。
  • ゴールデンウィーク、夏季休暇、年末年始休暇等の前後の休暇取得を促し、連続休 暇の取得促進を図る。