植物が切断されても、傷口を修復してつなげる仕組みを解明 オーキシンが再生遺伝子を活性化して細胞塊形成 接ぎ木など園芸や食料増産に期待

研究成果 2022/10/20

植物が切断されても、傷口を修復してつなげる仕組みを解明
オーキシンが再生遺伝子を活性化して細胞塊形成
接ぎ木など園芸や食料増産に期待

概要

 奈良先端科学技術大学院大学(学長:塩﨑 一裕)先端科学技術研究科バイオサイエンス領域の池内 桃子特任准教授(理化学研究所環境資源科学研究センター客員研究員)、新潟大学理学部の田中 隼人(研究当時学部4年生)、帝京大学理工学部バイオサイエンス学科の朝比奈 雅志准教授、理化学研究所環境資源科学研究センターの杉本 慶子チームリーダー(東京大学大学院理学系研究科教授)らの研究グループは、モデル植物のシロイヌナズナを使い、葉と茎をつなぐ葉柄という棒状の器官を切り離したときに生じる2つの切断面について、それぞれ傷口修復のためのカルス(細胞塊)を形成するものの、両者の活性は著しく異なるという再生力の機構に関わる重要な現象を発見しました。活発な方の切り口には、成長を促進する植物ホルモンのオーキシンが多く蓄積し、カルス形成の遺伝子を働かせる転写因子 (WOX13) を特異的に活性化しているという原因の一端を解明しました。今後、効率的な接ぎ木技術の開発など農業や園芸分野への応用展開が期待されます。

 この研究成果は、日本植物生理学会が発行する国際学術誌である「プラント・アンド・セル・フィジオロジー」誌のオンライン版に2022年10月20日(木)11時に公開されました。
(DOI:10.1093/pcp/pcac146)

詳細はこちら

問い合わせ先

研究に関すること

  • 奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 バイオサイエンス領域 植物再生学研究室
    特任准教授 池内 桃子
    TEL:0743-72-5520 E-mail:momoko.ikeuchi[at]bs.naist.jp
    研究室紹介ホームページ:https://bsw3.naist.jp/ikeuchi/

報道に関すること

  • 奈良先端科学技術大学院大学 企画総務課 渉外企画係
    TEL:0743-72-5026/5063 FAX:0743-72-5011 E-mail:s-kikaku[at]ad.naist.jp
  • 新潟大学 広報室
    TEL:025-262-7000 E-mail:pr-office[at]adm.niigata-u.ac.jp
  • 帝京大学 本部広報課
    TEL:03-3964-4162 Fax:03-3964-9189 E-mail:kouhou[at]teikyo-u.ac.jp
  • 理化学研究所 広報室 報道担当
    TEL:050-3495-0247 Email:ex-press[at]ml.riken.jp

※上記の[at]は@に置き換えてください。

プレスリリース一覧に戻る