国の名勝「大和三山」シリーズのクラフトビールが完成!! バラの香りを多く産生する新しいビール酵母の育種に成功 ~奈良県産クラフトビールの醸造に応用し、コクのある味わいと飲みやすさを実現~

研究成果 2022/11/22

概要

 奈良先端科学技術大学院大学(学長:塩﨑 一裕)先端科学技術研究科 バイオサイエンス領域 ストレス微生物科学研究室の髙木 博史教授と西村 明助教は、奈良市のゴールデンラビットビール社(代表:市橋 健)との共同研究により、バラの主要な香り成分(フェネチルアルコール)を多量に産生する新しいビール酵母の育種に成功しました。この新しいビール酵母を用いてクラフトビールを醸造することで、飲み口がよく、コクのある香り豊かなエールビールの商品化を実現しました(1122日より販売開始)。また、今回の商品化によって国の名勝「大和三山」にちなんだ3種類のクラフトビールが完成しました。

詳細はこちら

国の名勝「大和三山」シリーズのクラフトビールが完成!! バラの香りを多く産生する新しいビール酵母の育種に成功 ~奈良県産クラフトビールの醸造に応用し、コクのある味わいと飲みやすさを実現~

問い合わせ先

報道に関すること

  • 奈良先端科学技術大学院大学 企画総務課 渉外企画係
    TEL:0743-72-5026 FAX:0743-72-5011
    Email: s-kikaku [at] ad.naist.jp

プレスリリース一覧に戻る