home > プロジェクト > 先端研究手法導入支援プロジェクト

先端研究機器や研究手法を身に付ける

 最先端研究分野において、最先端の研究手法は加速度的に進歩し、その習得に後れを取ることは、最先端研究を進める上で致命傷となりえます。そこで「先端研究手法導入支援プロジェクト」では、日々進歩する次世代シーケンサーなどの最先端の研究機器、各種のリサーチツールなどを含めた研究手法について、教員や若手研究者、研究技術員などがリアルタイムで自身の研究に取り入れられるよう支援しています。

 主には、研究機器メーカーや最先端研究手法を開発した企業の講習会やセミナーへの参加を支援します。また習得した新技術に関しては、情報交換会・セミナーなどで学内普及を図ります。

支援実施実績

(1)外部から招致して学内開催
2014年度2件(57人)
2015年度4件(40人)
(2)学外に派遣
国内海外
2013年度(10月-3月)6人0人
2014年度13人6人
2015年度11人3人

公募情報

2016 年度の公募についてはこちらをご覧ください(2016年4月4日開始)

本プロジェクトに関するお問い合わせ

研究推進部 新プロジェクト担当URA までお願いいたします




Back to Top