画像:学長 塩﨑

塩﨑 一裕しおざき かずひろ

学位

1992年3月 理学博士(京都大学)

略歴

  • 1987年 3月
    京都大学理学部生物物理学科卒業
  • 1992年 3月
    京都大学大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)
  • 1992年 4月
    京都大学理学部生物物理学科研修員
  • 1992年 7月
    米国・スクリップス研究所博士研究員
  • 1998年 1月
    米国・カリフォルニア大学デービス校微生物学科助手
  • 2002年 7月
    米国・カリフォルニア大学デービス校微生物学科助教授
  • 2008年 7月
    米国・カリフォルニア大学デービス校微生物学科教授
  • 2010年11月
    奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科特任教授
  • 2011年 4月
    奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科教授(~2018年3月)
  • 2012年 7月
    米国・カリフォルニア大学デービス校微生物・分子遺伝学科客員教授(~現在)
  • 2013年 4月
    奈良先端科学技術大学院大学 学長補佐(国際連携担当)(~2016年3月)
  • 2016年 4月
    奈良先端科学技術大学院大学 学長補佐(国際担当)(~2017年3月)
  • 2017年 4月
    奈良先端科学技術大学院大学 学長補佐(教育担当)(~2019年3月)
  • 2018年 4月
    奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科 教授(~2021年3月)
  • 2020年 4月
    奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科 バイオサイエンス領域副領域長(~2021年3月)
  • 2021年 4月
    奈良先端科学技術大学院大学長

専門分野

分子細胞生物学、酵母分子遺伝学

主な学会、社会活動等

  1. 酵母遺伝学フォーラム 運営委員(2013年4月〜2019年3月)副会長(2020年4月〜現在)
  2. 米国細胞生物学会(ASCB)Ambassador(2017年7月〜現在)
  3. 米国National Institute of Health (NIH) CDF-6 Review Group 委員(2001年6月)
    CDF-1 Study Section 委員(2004年6月)  Molecular and Integrative Signal Transduction Study Section 委員(2009年6月)
  4. 米国 National Science Foundation(NSF) 審査委員(2004年9月、2005年3月、2005年5月、2005年11月、2006年3月、2008年9月、2010年3月)審査パネリスト(2009年10月)
  5. 米国 ウイスコンシン大学 教員昇任審査委員(2009年11月)
  6. チェコ共和国 Czech Science Foundation 審査委員(2003年6月、2004年6月)
  7. イスラエル Israel Science Foundation 審査委員(2007年4月、2012年3月、2017年3月、2018年4月)
  8. 英国 Cancer Research-UK 研究プログラム評価委員(2007年4月)審査委員(2008年5月)
  9. ドイツ NCL Foundation 審査委員(2013年9月) 
  10. フランス Agence Nationale de la Recherche 審査委員(2014年6月)
  11. 香港 Research Grants Council 審査委員(2016年4月) 
  12. ベルギー Fonds National de la Recherche Scientifique 審査委員(2019年8月) 
  13. 日本学術振興会 科学研究費補助金 第一段審査委員(2015、2016年度) 科学研究費委員会専門委員(2019年12月〜2020年7月)

受賞等

1992年 Human Frontier Science Program 長期フェローシップ

1995年 米国ガン協会 Senior Postdoctoral Fellowship

2008年 米国科学アカデミー Education Fellow in the Life Sciences

2016年 日本学術振興会 科学研究費審査委員表彰

2019年 大隅基礎科学創成財団・酵母コンソーシアム フェロー

主な研究業績(著書等)

  1. Fukuda, T., Sofyantro, F., Tai, Y.T., Chia, K.H., Matsuda, T., Murase, T., Morozoumi, Y., Tatebe, H., Kanki, T. and Shiozaki, K. (2021).
    Tripartite suppression of fission yeast TORC1 signaling by the GATOR1-Sea3 complex, the TSC complex, and Gcn2 kinase.
    eLife 10, e60969.

  2. Chia, K.H., Fukuda, T., Sofyantoro, F., Matsuda, T., Amai, T. and Shiozaki, K. (2017).

    Ragulator and GATOR1 complexes promote fission yeast growth by attenuating TOR complex 1 through Rag GTPases.
    eLife 6, e30880.

  3. Tatebe, H., Murayama, S., Yonekura, T., Hatano, T., Richter, D., Furuya, T., Kataoka, S., Furuita, K., Kojima, C. and Shiozaki, K. (2017). Substrate specificity of TOR complex 2 is determined by a ubiquitin-fold domain of the Sin1 subunit. eLife 6, e19594.
  4. Tatebe, H., Morigasaki, S., Murayama, S., Zeng, C.T. and Shiozaki, K. (2010).
    Rab-family GTPase regulates TOR complex 2 signaling in fission yeast.
    Curr. Biol. 20, 1975-1982.

  5. Morigasaki, S., Shimada, K., Ikner, A., Yanagida, M. and Shiozaki, K. (2008).
    Glycolytic enzyme GAPDH promotes peroxide stress signaling through multistep phosphorelay to a MAPK cascade.
    Mol. Cell 30, 108-113.

  6. Tatebe, H., Shimada, K., Uzawa, S. Morigasaki, S. and Shiozaki, K. (2005).
    Wsh3 is a novel cell-end factor essential for bipolar distribution of Tea1 and protects cell polarity under environmental stress in S. pombe.
    Curr. Biol., 15, 1006-1015.

  7. Nguyen, A. N. and Shiozaki, K. (1999).
    Heat shock-induced activation of stress MAP kinase is regulated by threonine- and tyrosine-specific phosphatases.
    Genes Dev. 13, 1653-1663.

  8. Shiozaki, K. and Russell, P. (1996).
    Conjugation, meiosis and the osmotic stress response are regulated by Spc1 kinase through Atf1 transcription factor in fission yeast.
    Genes. Dev. 10, 2276-2288.

  9. Shiozaki, K. and Russell, P. (1995).
    Cell-cycle control linked to extracellular environment by MAP kinase pathway in fission yeast.
    Nature 378, 739-743.

  10. Shiozaki, K. and Russell, P. (1995).
    Counteractive roles of protein phosphatase 2C (PP2C) and a MAP kinase kinase homolog in the osmoregulation of fission yeast.
    EMBO J. 14, 492-502.