博士前期課程

修士論文の審査基準

 修士論文は、新規性や有効性が重視され、以下の項目について審査を行います。

 具体的には、各審査委員が修士論文の内容に関わる項目についての評価を行い、その評価が設定された基準を満たした場合に、合格とします。

  1. 研究の背景や目的が十分に説明されている
  2. 研究の進め方や研究方法についての吟味が十分になされている
  3. 実験データや理論計算の結果、調査結果についての整理と解析が十分になされている
  4. 得られた結果に基づく結論や新しい仮説への展開が論理的に十分に示されている
  5. 論文が学術的な記述法で適切に記述されている
  6. 研究倫理の問題に適切に対応している
学位の種類
  • 修士(工学/理学/バイオサイエンス)
    ※取得できる学位の名称は、履修科目や学位論文の内容によって決定します。

博士後期課程

博士論文の審査基準

 博士論文は、新規性や有効性があり、その主要な部分は、博士論文提出者自身が査読のある学術論文、査読のある国際会議、あるいは、著書などで公表しているか、もしくは、公表予定であることを審査における前提条件とします。

 博士論文は、上記の条件を満たした場合に、以下の項目について審査を行います

 具体的には、各審査委員が博士論文の内容に関わる項目についての評価を行い、その評価が設定された基準を満たした場合に、合格とします。

  1. 研究の背景や目的が十分に説明されている
  2. 研究の進め方や研究方法についての吟味が十分になされている
  3. 実験データや理論計算の結果、調査結果についての整理と解析が十分になされている
  4. 得られた結果に基づく結論や新しい仮説への展開が論理的に十分に示されている
  5. 論文が学術的な記述法で適切に記述されている
  6. 研究倫理の問題に適切に対応している
学位の種類
  • 博士(工学/理学/バイオサイエンス)
    ※取得できる学位の名称は、履修科目や学位論文の内容によって決定します。