制度の目的・概要

 この制度は、職業を有している等の事情により標準修業年限(博士前期課程2年、博士後期課程3年)での教育課程の履修が困難な方について、当該年限を超えて一定の期間にわたり計画的に履修し修了することができる制度です。

対象者

  1.  官公庁、企業等に雇用されている者(休業等により、職務を免除されている者を除く。)、自ら事業を行っている者その他のフルタイムの職業に就いている者
  2.  アルバイト、パートタイム等で就業している者であって、その負担により修学に重大な影響があると学長が認めたもの
  3.  出産、育児又は親族の介護を行う必要がある者であって、その負担により修学に重大な影響があると学長が認めたもの
  4.  前3号に準ずる者であって、長期履修を必要とする事情があると学長が認めたもの

※ 国費外国人留学生は対象外です。

長期履修期間

課程長期履修開始時期長期履修期間の上限
博士前期課程 入学時 4年
在学中 3年
博士後期課程 入学時 6年
在学中 在学期間が1年以下の場合は、5年
在学期間が2年以下の場合は、4年

※長期履修期間は、1年を単位とします。
※就業環境等の変動により長期履修期間の延長又は短縮することができます。

授業料

年額 = 授業料の年額(535,800円【※現行】) × 標準修業年数 ÷ 長期履修期間として認められた年数

【例】博士前期課程について、3年間の長期履修の許可を受けた場合

区分各年度の授業料納付額修了までの授業料総額
一般学生
(標準修業年限2年)
1年目
535,800円
2年目
535,800円
1,071,600円
長期履修学生
(長期履修期間3年)
1年目
357,200円
2年目
357,200円
3年目
357,200円

【例】博士前期課程2年目から3年間の長期履修の許可を受けた場合

区分各年度の授業料納付額修了までの授業料総額
1年目一般学生、
2~4年目長期履修学生
(長期履修期間3年)
1年目
535,800円
2年目
178,600円
3年目
178,600円
4年目
178,600円
1,071,600円

申請方法

 長期履修学生の申請を希望する者は、指導(予定)教員と相談の上、必要書類を以下の期限までに教育支援課学務係へ提出してください。

      • 入学予定者

[10月入学予定者] 平成30年9月21日(金)10月入学予定者向け説明資料(PDF 164KB)
[4月入学予定者] 平成31年2月末(予定)

      • 在学生

[10月入学者] 平成30年8月31日(金)
[4月入学者] 平成31年2月末(予定)
※在学期間が博士前期課程にあっては1年、博士後期課程にあっては2年を超えている方は申請できません。

必要書類

      • 在職証明書 ※在職を理由とする場合。様式任意。
      • 出産、育児又は親族の介護を理由とする場合は、その事実を証明するもの
      • その他の理由により、長期履修を希望する場合は、事前にご連絡ください。

参考